ホンダ/アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

ホンダはデトロイトモーターショーで新型『NSX』を3年以内に販売すると発表した。気になるのは、2008年に開発中止が発表された幻のNSXとの関連性だろう。米国アキュラブランドを統括するホンダの福尾幸一常務執行役員は、「全く別のモデル」と説明する。

ホンダのスーパースポーツNSXは2005年に初代が生産を中止、V10エンジンを搭載するFRとして次期型の開発が進められながらも2008年には開発中止が発表され、多くのファンを落胆させた。今回、約3年の沈黙を破り発表された新型NSXは、ホンダの先進の4WDシステムを搭載するハイブリッドスポーツで、エンジンはミッドシップに搭載される。アーキテクチャーは大きく異なるこの2台だが、関連性はあるのだろうか。

福尾氏は「関連性は殆どない」と説明する。「(NSXコンセプトは)このパワートレーンだからこそ実現したデザイン」であり、2007年に公開されたコンセプトカー『アキュラ・アドバンスド・デザイン・コンセプト』についても全く別のものなのだという。

また、「NSX-GT」の後継車としてSUPER GTに参戦しているプロトタイプレーシングカー『HSV』との関係については、「あれはGT専用のクルマ。開発メンバーも直接の関係はない」とした。

2009年の秋に企画がスタートしたという新型NSX。当初は名前すら決まっていなかったというが、開発者たちの中では「次のNSXはこうしたい、と皆で考えていた」という。名前が決まったのはショー直前だったそうだが、その想いは確実に次期NSXに向かっていたようだ。

「2005年に初代の生産を中止した後も、次が欲しいという想いがあった。当時のひとつの答えがV10だった。そして時代が変わり、もう一度見つめ直した時に、ハイブリッドの『スーパーハンドリングAWD』をセットすることで次のNSXがクリアになってきた」(福尾氏)

今回公開されたNSXはまだデザインコンセプトの色が強い。しかし福尾氏は「量産に移行するに従って変わっていくだろう」としながらも「このテイストでそこそこ良いところに行けるのではないか」と語った。

ホンダ/アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ホンダ/アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラブランドを統括する福尾幸一ホンダ常務執行役員《撮影 宮崎壮人》 アキュラブランドを統括する福尾幸一ホンダ常務執行役員《撮影 宮崎壮人》 アキュラブランドを統括する福尾幸一ホンダ常務執行役員《撮影 宮崎壮人》