23日午前8時20分ごろ、岐阜県関市内の市道を走行していた乗用車が路外に逸脱、道路左側の電柱に衝突。倒壊した電柱が隣接する長良川鉄道の軌道内に倒れ、直後に通過した列車と接触する事故が起きた。この事故で乗用車の運転者が軽傷を負っている。

岐阜県警・関署によると、現場は関市下有知付近で幅員約2.5mの直線区間。乗用車は走行中に路外へ逸脱して電柱に衝突。そのまま道路脇の水路に転落した。折れた電柱は道路と並行する長良川鉄道の軌道内に倒れこみ、直後に通過した上り普通列車(湯の洞温泉口発/関行き、2両編成)と接触した。

この事故で乗用車を運転していた美濃市内に在住する22歳の男性が打撲などの軽傷。列車の乗客乗員3人にケガはなかったが、長良川鉄道は約2時間に渡ってストップ。4本の列車が運休し、約30人の足に影響が出た。

警察では男性の回復を待ち、過失往来危険容疑で事情を聞く方針だ。