石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)と日本GTL技術研究組合は、GTL(天然ガスの液化燃料化)技術、「JAPAN-GTLプロセス開発」のためのGTL実証プラントが予定していた試験目標を達成し、「実証試験が成功した」と発表した。商業規模で利用可能なGTL技術を確立できたとしている。

JOGMECと日本GTL技術研究組合は、炭酸ガスを含有する天然ガスをそのまま利用するという世界初の技術であり、日本独自の「ガス・トゥ・リキッド」(GTL)技術であるJAPAN-GTLプロセス開発のため、日量500バーレル(約80キロリットル)のGTL実証プラントを新潟市に建設し、2009年4月から実証試験を実施してきた。

実証プラントの建設後、約3年間の実証運転を行い、運転時間1万時間、連続運転時間3000時間を達成した。この間、数々の実証試験を行うことにより商業規模で利用可能なGTL技術を確立することができたとしている。

GTLは、天然ガスを原料に石油製品を製造する技術で、石油代替の燃料ソースの確保と多様化を可能にする有効な手段。また、GTLによって製造される燃料は、環境に優しいクリーン燃料としても期待されている。