新東名は東名よりも山側を通過していることから、東海地震の被害を受けにくいとしている

NEXCO中日本は27日、建設を進めてきた新東名高速道路の御殿場ジャンクション(JCT)から三ケ日JCTまでの間、約162kmを、2012年4月14日15時に開通すると発表した。

新東名高速道路は、東京と名古屋を結ぶ延長約330kmの高速道路。今回、御殿場JCTから三ケ日JCTの約162kmを開通する。同区間は、当初予定の2013年3月31日の完成予定に対して、災害などの緊急時の代替性の早期確保や地元の要望も踏まえ、1年程度開通を前倒した。

新東名・現東名のダブルネットワーク化により、信頼性の向上、3大都市圏の連携強化を目的としている。

御殿場JCT(御殿場市) 長泉沼津IC(駿東郡長泉町) 新富士高架橋(富士市・富士宮市) 清水PA(静岡市清水区) 新清水JCT(静岡市清水区) 三ヶ日JCT(浜松市北区)