ホンダ/アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

ホンダはデトロイトモーターショーで新型『NSX』を3年以内に販売すると発表、生産は米国オハイオ工場でおこなうことを明らかにした。その意図について米国アキュラブランドを統括するホンダの福尾幸一常務執行役員は、「需要のある所で生産するのがキーだと考えている」と話す。

福尾氏は「ホンダは2012年、米国で『アコード』を生産して30周年、アキュラ(ブランドの展開)が25周年を迎える。我々はずっと、需要のある所で生産するのがキーだと考えてきた。為替に対するリスクをミニマイズするという意味もある」と説明。

しかし一番の理由は「今回オハイオでのNSX生産を発表した際、現地の人々が大いに喜んでくれた。これこそ米国でビジネスをしてきた答えではないか」と語る。実際、デトロイトモーターショーで1月10日におこなわれたプレスカンファレンスでは、伊東孝紳社長からオハイオ工場での生産が発表されるや、NSXの公開そのもの以上の歓声が巻き起こった。

開発についても「日米エンジニアのコラボレーション」としながらも、その主体は米国に移りつつあるという。福尾氏は「どこの日系メーカーよりも米国での開発力がある。彼らが持つ合理主義で日本人にはできない、新しいものを実現してくれるのでは」と新型NSXの開発に関して米国拠点への期待を語った。

ホンダ/アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 アキュラブランドを統括する福尾幸一ホンダ常務執行役員《撮影 宮崎壮人》 アキュラブランドを統括する福尾幸一ホンダ常務執行役員《撮影 宮崎壮人》 ホンダ/アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ホンダ/アキュラNSXローンチ(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ホンダ/アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12) ホンダ/アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12) ホンダ/アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ホンダ/アキュラ NSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ホンダ/アキュラ NSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ホンダ/アキュラNSXコンセプト(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》