ダイハツ セニア(ジャカルタモーターショー11)《撮影 土屋篤司》

全体相場は小幅続落。米国株が小幅安、週末控えで様子見ムードが強い中、後場入り後、円相場が対ドル、対ユーロで急伸。輸出関連株を中心に利益確定売りが優勢になった。

もっとも、先高期待は根強く、下値は限定的。平均株価は前日比8円25銭安の8841円22銭と続落したが、小幅の下落にとどまった。円相場が1ドル=77円台前半に上昇したことが嫌気され、自動車株は総じて軟調。

トヨタ自動車が49円安の2838円と反落。ホンダが53円安の2689円、日産自動車が6円安の728円と続落した。富士重工、マツダ、三菱自動車がさえない。

こうした中、ダイハツ工業が12円高の1501円と堅調。戦略市場であるインドネシアの金融緩和を好感した買いが入り、一時21円高の1510円まで買われ、上場来高値を更新した。

いすゞ、日野自動車も小じっかり。スズキは1735円で前日比変わらず。