Gazoo Racingが開発したトヨタヴィッツ・ターボコンセプト

現在、世界の自動車メーカーでは、エンジン排気量のダウンサイジング(縮小)の流れが強まっている。トヨタ自動車もこのトレンドに従い、新たな小排気量ターボエンジンの開発に乗り出したとの情報をキャッチした。

これは19日、米国の『Detroit Bureau』が報じたもの。同メディアが「トヨタとGazoo Racingが、4気筒の直噴ガソリンターボエンジンを共同開発中」と伝えたのだ。

この報道を裏付けるかのように、Gazoo Racingは13〜15日、千葉県幕張メッセで開催された東京オートサロン2012 with NAPAC(東京オートサロン12)に、トヨタ『ヴィッツ・ターボコンセプト』を出品。1496ccの「1NZ-FE」型直列4気筒ガソリンエンジンをターボチャージャーで過給し、最大出力180ps、最大トルク22.4kgmを発生。同メディアによれば、このヴィッツ・ターボコンセプトが、トヨタとGazoo Racingのエンジン共同開発プロジェクトの布石だという。

このエンジン共同開発プロジェクト、燃費性能の向上が目的。同メディアによれば、ハイブリッドよりもコスト的に有利な直噴ターボ化により、トヨタは『カローラ』、『カムリ』、『クラウン』など、主力車種の燃費性能を引き上げていく方針とのことだ。

トヨタとGazoo Racingの小排気量ターボエンジン共同開発プロジェクトを伝える米『Detroit Bureau』