BMW「i」のi3コンセプトとi8コンセプト

BMWグループが、電動化技術に特化して立ち上げた新ブランド、「i」(アイ)。『i3』と『i8』に続いて登場すると見られる『i5』(仮称)の中身が見えてきた。

25日、ドイツの自動車メディア、『AutoBild』が報じたところによると、i5はコンパクトカーのi3のボディをひと回り大きくしたような背の高いMPV。ターゲットとしては、トヨタ『プリウスα』を想定しているという。

パワートレインは、i3譲り。軽量なカーボンファイバー構造のボディもiシリーズに共通する。すでに公表されているi3の場合、モーターは最大出力170ps、最大トルク25.5kgmを発生し、0-100km/h加速7.9秒、最高速150km/h(リミッター作動)の性能。1回の充電で、最大160kmが走行でき、充電は約6時間。急速チャージャーを使えば80%の容量を約1時間で充電できる。

i3とi8は2013年以降、発売される予定。i5はこれに続いて2015年、リリースされると見られている。

iシリーズ第3弾、i5について伝える独『AutoBild』