レクサス GS350 F SPORT(ブラック)

東京での発表会に出席したトヨタ自動車の大原一夫常務役員(レクサス本部副本部長)は、レクサスの新型『GS』シリーズについて「車体剛性を高めたことによる走行安定性」と新デザインによる「エモーション性」を訴求点と説明した。

大原常務は、欧州の高級車を選択したユーザーからの聴き取りなどによって、「日本車は高速走行でレーンチェンジした時の安定性などに課題がある」と捉えていたという。新モデルは「車体剛性のアップによって、劣るところのない性能を引き出せた」と強調した。

一方、今後のレクサスで統一されるフロントグリルの「スピンドル」デザインについて、「輸入車を選ばれる方は個性やエモーショナルなところを重視される。好き嫌いはあるだろうが、エモーション性をもたせることができた」と述べた。

また、これまでのレクサスは「ぱっと見てレクサスと分かる、記号性のようなものがなかった」と指摘。そうしたデザイン面でのアイデンティティの確立は「世界の販売関係者からも要望があった点」と語った。

レクサス GS350 F SPORT(ブラック)