レクサスGS(写真:東京モーターショー11)《撮影 トヨサキジュン》

26日の株式市場は、トヨタ自動車が10円高の2887円と続伸。出遅れ感とともに、米国景気の回復期待から買いが入り、一時、時価総額が昨年8月15日以来5か月半ぶりに10兆円を上回った。

全体相場は3日ぶりに反落。新規の買い材料が見当たらない中、前日まで急ピッチで上昇したとあって高値警戒感が台頭。外為市場で円相場が強含んだことも嫌気され、利益確定売りが優勢となった。

平均株価は前日比34円22銭安の8849円47銭と反落。東証1部の売買代金は連日で1兆円大台を保った。

自動車株は総じて軟調。ホンダが31円安の2742円、日産自動車が5円安の734円と反落。マツダ、スズキ、三菱自動車がさえない。

トヨタ自動車は10円高の2877円。高値は2906円をつけ、時価総額が一時10兆円を回復した。いすゞ、日野自動車がしっかり。ダイハツ工業が1489円、富士重工が530円で変わらず。