フォード エクスプローラーに2リットルターボエンジン「エコブースト」搭載モデルが追加された。写真右は森田俊生フォード・ジャパン・リミテッド社長《撮影 宮崎壮人》

フォード・ジャパン・リミテッドは26日、日本市場における主力車種『エクスプローラー』に、小型化し環境性能を高めた2リットルの新エンジン「エコブースト」を搭載した「エクスプローラー XLT エコブースト」を発表した。2月25日より販売を開始する。

エクスプローラー XLT エコブーストに搭載される新エンジン「エコブースト」は、フォードがグローバルに展開する環境対応エンジン。2リットルの小排気量にターボを組み合わせることで、環境性能と力強い走行性能を両立した。

直噴、Ti-VCT(吸排気独立可変バルブタイミング機構)などにより、旧型エクスプローラーの4リットルモデル以上の高出力(243ps)、高トルク(344Nm)を実現。10・15モード燃費は25%改善し、8.1km/リットルを実現する。

駆動方式は、各国で展開されるモデルと同様に前輪駆動(FWD)のみで、四輪駆動(4WD)は設定しない。エクスプローラーとしては国内初のFWDモデルとなる。

エクスプローラー XLT エコブーストは、外装色に上級グレード「リミテッド」に設定されている3コートのホワイトプラチナムを設定。内装では、本革シート、運転席/助手席シートヒーター&パワーシートを装備し、商品力を高めている。

価格は440万円。

新型エクスプローラーは2011年9月に販売を開始。大型SUVながらスマートなデザインや、先進的なテレマティクスシステム「マイ・フォード・タッチ」の採用などが好評で、12月までで既に650台を販売した。エクスプローラーは今月20日に、政府が実施するエコカー補助金の対象となることが発表された。エコブースト搭載車の発表で、販売にさらなる弾みをつけたい考えだ。

フォード・ジャパン森田俊生社長は「日本での販売の核となるエクスプローラーに、新エンジン・エコブーストを搭載したことで、商品価値はさらに大幅に向上した。全体の販売を底上げし、年間10〜20%の増加につなげていきたい」と語った。

フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》 森田俊生フォード・ジャパン・リミテッド社長《撮影 宮崎壮人》 森田俊生フォード・ジャパン・リミテッド社長《撮影 宮崎壮人》 森田俊生フォード・ジャパン・リミテッド社長《撮影 宮崎壮人》 フォード エクスプローラー XLT エコブースト《撮影 宮崎壮人》