三菱アウトランダースポーツ

三菱自動車は、インドネシアで小型SUV『アウトランダースポーツ』(日本名『RVR』)を現地生産すると発表した。

アウトランダースポーツは、2012年度上期から三菱のインドネシアの車両組立委託先であるP.T.Krama Yudha Ratu Motor Factory(KRM)で生産。現地総販売代理店であるP.T.Krama Yudha Tiga Berlian Motors(KTB)の販売網を通じて販売する。

KTBが1月25日に開催の累計販売200万台達成記念行事の中で、今後の計画として明らかにした。

三菱はインドネシア市場で商用車を中心に高いブランドイメージを築き、シェアを維持してきたが、インドネシアの経済発展に伴って同国自動車需要が伸びを示す中、現地での商品展開の拡充を図っており、2009年6月には中型SUV『パジェロスポーツ』を投入した。

今回新たにアウトランダースポーツを追加することで、SUVモデルラインナップ強化を図るとともに、乗用車セグメントでのブランド構築を進める。