フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》

フィアットグループオートモービルズジャパンは、2011年から社会貢献活動として展開している「Share with FIAT」の2012年の活動プログラムを策定し、24日公表した。

Share with FIATは世界中で活動しているNPO(特定非営利活動法人)や財団法人に対し、販売収益の一部の寄付や共同イベントの開催などを通じて各団体の認知向上や活動を支援するもの。2012年は前年に支援を行った5団体に新たに女子教育奨励会を加えた6団体に拡大する。

フィアットジャパンのポンタス・ヘグストロム社長は同日、都内で会見し「このShare with FIATは決して気まぐれや一時の流行に乗ったものではない。Share with FIATを力強いものにした様々な取り組みに直接的、間接的に関わってくれたすべての人々と共に活動を続けていきたい」と述べた。

フィアットジャパン ポンタス・ヘグストロム社長《撮影 太宰吉崇》 NPOらの活動報告≪撮影 小松哲也≫ フィアットジャパン フィアット カントリーマネージャー アランプレセ・ティツィアナ氏《撮影 太宰吉崇》 ピースウィンズ・ジャパン 事業部次長 齋藤雅治氏《撮影 太宰吉崇》 女子教育奨励会 理事長 木全ミツ氏《撮影 太宰吉崇》 ルーム・トゥ・リード・ジャパン 事務局代表 松丸佳穂氏《撮影 太宰吉崇》 日本ブラインドサッカー協会理事 松崎英吾氏《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》 フィアットカフェ《撮影 太宰吉崇》