トヨタが2012年のルマン24時間耐久レースやWEC(世界耐久選手権)に投入するTS030ハイブリッド

トヨタ自動車は24日、フランス・ポールリカールにおいて、2012年のルマン24時間耐久レースやWEC(世界耐久選手権)に参戦するマシン、「TS030ハイブリッド」を初公開した。

TS030ハイブリッドは、「TS010」、「TS020」の後継マシンとして開発。車名の「TS」はトヨタ・スポーツの略だ。トヨタ得意のハイブリッドパワートレインを搭載するのが、ニューマシン、TS030ハイブリッドの最大の特徴である。

ハイブリッドシステムは、「THS-R」(トヨタ・ハイブリッド・システム−レーシング)と命名。新開発の3.4リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンには、フロントにアイシンAW製、リアにDENSO製のモーターを組み合わせる。また二次電池の役割として、日清紡が開発したキャパシタストレージを採用する。

このTS030、5月5日にベルギーで開催されるWEC第2戦、「スパ・フランコルシャン6時間」で実戦デビュー。ドライバーは、アレックス・ブルツ、ニコラス・ラピエール、中嶋一貴の各選手だ。6月にフランスで行われるルマン24時間耐久レースには、2台体制でエントリーする計画だ。

トヨタが2012年のルマン24時間耐久レースやWEC(世界耐久選手権)に投入するTS030ハイブリッド トヨタが2012年のルマン24時間耐久レースやWEC(世界耐久選手権)に投入するTS030ハイブリッド トヨタが2012年のルマン24時間耐久レースやWEC(世界耐久選手権)に投入するTS030ハイブリッド トヨタが2012年のルマン24時間耐久レースやWEC(世界耐久選手権)に投入するTS030ハイブリッド トヨタが2012年のルマン24時間耐久レースやWEC(世界耐久選手権)に投入するTS030ハイブリッド