モーガンとOAKレーシングの代表

英国のモーガンモーターカンパニーは16日、フランスのOAKレーシングと提携し、2012年シーズンのWEC(世界耐久選手権)に参戦すると発表した。6月には、ルマン24時間耐久レースにも出走する。

モーガン社は、ヘンリー・フレデリック・スタンリー・モーガン氏が1906年、英国に設立。モーガンの名前を一躍有名にしたのが、1910年に初公開した『3ホイーラー』だ。1936年には3ホイーラーを4輪化した『4/4』を発表する。この4/4は、軽量な木製フレームにパワフルなエンジンを載せるというブリティッシュライトウェイトスポーツカーの王道を行くもので、現在まで基本設計を変えることなく生産され続けている。

そんなモーガンが今回、フランスのOAKレーシングと提携。『モーガンLMP2』を共同開発し、2012年に始まるWEC(世界耐久選手権)に参戦する。6月には、ルマン24時間耐久にもエントリーする計画。

2012年は、モーガン『スーパースポーツ』がルマン24時間でクラス優勝を成し遂げてから50年目。モーガンモーターカンパニーのチャールズ・モーガン会長は、「モーガンのスポーツカーには長い伝統がある。今回の提携がモーガンの次世代技術を開発する最高の機会となるだろう」とコメントしている。