レクサスGS250(資料画像。東京モーターショー11)《撮影 池田忍》

レクサスは24日、1月の新型車発売を契機に、レクサス専用テレマティクスサービス「G-Link」のスマートフォン向けサービスとして、「レクサス smartG-Link」を新たに提供すると発表した。

smartG-Linkは、『iPhone』やAndroid搭載スマートフォンに専用アプリケーションをダウンロードすることで、従来パソコンや携帯電話を通じて提供されていた走行距離や燃費などの車両情報の参照、カーセキュリティの設定変更やドアロックの遠隔操作、レクサス販売店とのメール連絡など、多彩な機能やサービスが利用可能となる。また、車の駐車位置を地図上で確認できるカーファインダー機能も3月上旬から提供する予定。

さらに1月発売の新型車オーナー向けに、専用メニューとして「eケア」および「G-カスタマイズ」を追加で提供する。

eケアは、レクサス車に標準搭載される車載専用通信機を通じて、車両コンピュータの情報を定期的に取得することで、バッテリー等消耗品の劣化やエンジンオイル量の不足などをヘルスチェックレポートで通知する。また、警告灯点灯時にドライバーから販売店へ問い合わせがあった場合、車両から取得した情報をもとに、販売店が適切な走行アドバイスを実施。深夜など、販売店営業時間外はレクサスオーナーズデスクが対応する。

G-カスタマイズは、自動点灯ライトのセンサー感度や車速感応式ドアロックのON/OFFなど車両のカスタマイズ項目を、smartG-Linkを通じた遠隔操作により設定変更できるサービス。また、この遠隔操作はG-LinkのWebサイト上で行ったり、販売店への依頼も可能。

レクサスGS250(資料画像。東京モーターショー11)《撮影 池田忍》 レクサスGS250(資料画像。東京モーターショー11)《撮影 池田忍》