現行フォルクスワーゲン・ゴルフ

2011年、欧州で48万4547台を売り上げ、車名別販売ランキングを3年連続で制したフォルクスワーゲン『ゴルフ』。その次期型に関する情報が舞い込んできた。

これは17日、ドイツの自動車メディア、『auto motor und sport』が報じたもの。同メディアが、「次期ゴルフは9月に開催されるパリモーターショー12でワールドプレミアされる」と伝えたのだ。

7世代目となるこの次期ゴルフ、フォルクスワーゲンが2011年秋、東京モーターショー11に出品した『クロスクーペコンセプト』で提示した「MQB」と呼ばれる新型プラットホームをベースに開発。現行型よりも、全長と全幅は若干拡大されると見られる。

その上で、現行型よりも寝かされたAピラーや低いルーフラインなどで、スポーティなイメージを強調。インテリアもドライバー重視の空間になるという。

このMQBプラットホームは、次期アウディ『A3』にも採用。ゴルフはフォルクスワーゲンの屋台骨だけに、相当気合いの入ったモデルチェンジになると予想される。

次期ゴルフに関する情報を伝えた独『auto motor und sport』