19日午後7時30分ごろ、大阪府枚方市内の市道で、徒歩で道路を横断していた75歳の女性が軽乗用車にはねられる事故が起きた。クルマはそのまま逃走したが、目撃者が追跡して路地に追い込んで警察で通報。警察は54歳の女を逮捕している。

大阪府警・枚方署によると、現場は枚方市長尾家具町1丁目付近。近くに住む75歳の女性が道路を横断していたところ、進行してきた軽乗用車にはねられた。

女性は左腕を骨折する重傷。クルマはそのまま逃走したが、路上に倒れる女性と、走り去るクルマを目撃した43歳の男性が追跡を開始。現場から約1.2km離れた京都府八幡市美濃山西ノ口付近の袋小路に追い込み、逃げられない状態にしてから警察へ通報。これを受けた同署員が軽乗用車を運転していた54歳の女を確保。任意で事情を聞いていたが、ひき逃げへの関与を大筋で認めたことから、20日に自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

調べに対して女は「気が動転して逃げてしまった」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯について、詳しく調べている。