ヤマハPAS CITY M

ヤマハ発動機は、「PAS」の2012年モデルとして学生をメインターゲットとした電動アシスト自転車の新製品『PAS CITY M』を2月28日から発売すると発表した。

CITY Mはワイヤー内蔵の新開発フレームに6.6Ahの「Mサイズ長生きバッテリー」、バッテリー残量を細かくデジタル表示する「デジタルメーター付メインスイッチ」を搭載する。

通学に便利な機能としてステンレス製大型バスケットやクラス27のリアキャリア、夜間走行時も明るいバッテリーランプ、両足スタンド、盗難抑止効果の高い一発二錠、27型タイヤなどを採用している。

また、通勤用途向けに昨年発売した「PAS CITY L8」の2012年モデルも同じく2月28日から発売する。2012年のCITY L8は、長距離走行向けモデルとして、Lサイズ長生きバッテリーの容量を8.1Ahから8.9Ahへと約10%増量し、走行距離を伸ばした。

2機種合計で年間6000台の販売を計画している。価格はCITY Mが10万8000円、CITY L8が13万4000円。

1月20日同時発表のPASナチュラLシリーズ3機種、幼児2人同乗基準適合モデル2機種と合わせ、PASの2012年モデルは全12機種となる。

ヤマハPAS CITY M