トヨタ ヴェルファイアG Sportsコンセプト(東京オートサロン12)

スポーツコンバージョンシリーズの「G Sports」(通称G's)ブランドを展開するトヨタ自動車は13〜15日、千葉県幕張メッセで開催された東京オートサロン2012 with NAPAC(東京オートサロン12)において、『ヴェルファイアG Sportsコンセプト』を初公開した。

開発のテーマは、「ハイエンド・オブ・アスリートミニバン」。『ヴェルファイア』をベースに、ミニバンの常識を破るドライビングプレジャーを追求し、スポーティかつアグレッシブなスタイルも提案する。

ベースグレードは、3.5リットルV型6気筒ガソリンエンジン(最大出力280ps、最大トルク35.1kgm)を搭載する「3.5Z」。30mmローダウンの専用サスペンション、19インチアルミホイール&高性能タイヤ、スポーツブレーキパッド、フロント2ポットフローティングキャリパーなどを採用。床下ボディの補強やロッカー部の溶接追加なども施す。動き出した瞬間に、ベース車とは違う乗り味が体感できるような味付けを狙ったという。

外装は、バンパーやフロントグリルの変更、ヘッドランプエクステンションのブラックカラー化などにより、さらに迫力ある表情を演出。内装はアルカンターラを使ったスポーティシート、専用メーター、アルミペダル、ピアノブラック加飾パネルなどで、高級感とスポーティな雰囲気を両立させている。

トヨタ ヴェルファイアG Sportsコンセプト(東京オートサロン12) トヨタ ヴェルファイアG Sportsコンセプト(東京オートサロン12) トヨタ ヴェルファイアG Sportsコンセプト(東京オートサロン12) トヨタ ヴェルファイアG Sportsコンセプト(東京オートサロン12)