日本ミシュランタイヤは二輪用タイヤの発表会を開催した。ベルナール・デルマス社長(左)と内野真澄執行役員《撮影 土屋篤司》

日本ミシュランタイヤは、レース参戦車の高度な走行性能を満たすことを目標に開発したサーキット競技二輪車用オンロードラジアルタイヤ『ミシュラン・パワーカップ』計5サイズ、9タイプを2月20日から全国で順次発売すると発表した。

パワーカップは、加速時やコーナリングで高いドライグリップ性能を持つ。従来品『ミシュラン・パワー・ONE・コンペティション』よりも速いラップタイムを可能にするため開発した。

フロントタイヤは、ブレーキング時に優れたハンドリング、スタビリティーと過渡特性を提供し、リアタイヤは耐摩耗性能を損なうことなく、コーナーでのより高いグリップ力を発揮するようにデザインした。トレッドパターンは耐摩耗性能と最大限のコンタクトパッチ、一般道を走行するための法規などの要素をバランスさせ、パワー・ONE・コンペティションのパターンを継承した。

トレッド部のセンターとショルダーの2つのゾーンに異なるコンパウンドを使用するデュアルコンパウンド技術「2コンパウンド・テクノロジー」によってグリップ力と耐摩耗性能の両立を図った。また、「シンセティック・コンポーネント・テクノロジー」の採用で、走りはじめてすぐにグリップ力を発揮できるよう、ウォームアップ特性の最適化を図った。

価格はオープン価格。

日本ミシュランタイヤは二輪用タイヤの発表会を開催した《撮影 土屋篤司》 ミシュラン・パワーカップ《撮影 土屋篤司》