パナソニック・ギュット

パナソニック・サイクルテックは、幼児2人同乗用自転車の基準に適合した電動アシスト自転車『ギュット』シリーズ2車種に12Ahバッテリーを搭載したモデルを800台限定で2月20日から発売する。

ギュットシリーズはバスケットなどのオプションパーツを充実するとともに、耐久性を高めて長く使用できる設計と、ポップなカラー、おしゃれなチャイルドシートカバーなどが特長のママ向け商品。

昨年5月に発売した前後車輪20インチで重心が低く安定しやすい「ギュット・ミニ」と、前車輪のみ22インチで子どもの乗せ降ろしがしやすい「ギュット」は、8Ahバッテリー搭載だった。限定モデルでは、長距離走行ニーズに対応し、12Ahhバッテリーを採用することで1回の充電で長い距離のアシスト走行を実現する。走行距離はギュット・ミニで約36km(パワーモード時)、ギュットで約41km(パワーモード時)。充電可能回数も約700〜900回と2010年モデルと比較して約2倍となる。

カラーはギュットの「ピュアマットブラック」が200台、「さくらピンク」が200台、ギュット・ミニのピュアマットブラックが200台、さくらピンクが200台。

価格は14万円。

パナソニック・ギュット