ホンダのHVシステムは、人気車種に投入することで台数を稼いだ(写真:ホンダ フリードHV)《撮影 宮崎壮人》

ホンダは20日、ハイブリッド車(HV)の世界累計販売台数が2011年12月末時点で80万台を超えたと発表。現在、日本国内では、2011年12月のホンダ登録車におけるHVの販売比率が45%を超えるなど、半数近くがHVになっているという。

世界累計販売台数の80万台は、同社が1999年11月に当時、量産ガソリン車として世界最高の低燃費35km/リットルを実現した初代『インサイト』を日本で販売開始して以来、12年2か月で達成した。

ホンダのハイブリッドシステム「IMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)」は軽量・コンパクトであることを特徴とし、初代インサイトに続いて『シビック』や『アコード』などに搭載してきた。

2009年に発売した2代目インサイトを皮切りに、3年間で合計6モデルのハイブリッド車の新モデルを投入、ラインアップを拡充して販売を拡大させてきた。2011年には全世界合計約20万台、前年比30%増を販売し、ここ3年間におけるハイブリッド車の販売台数は全世界合計50万台を超えた。

現在、同社は7モデルのハイブリッド車を約50カ国で販売しており、2012年春には高級車のアキュラブランド初のハイブリッドシステム搭載モデルである『ILX』を北米で発売する予定だ。

ホンダ・フリードHV《撮影 宮崎壮人》 ホンダ・フィットHV