レクサス IS F CCS-R(東京オートサロン12)

13‐15日、千葉県幕張メッセで開催された東京オートサロン2012 with NAPAC。レクサスは、『IS F CCS-R』を初公開した。

車名のCCS-Rとは、サーキット・クラブ・スポーツ・レーサーの略。レクサス『IS』シリーズの頂点に立つ『IS F』をベースに、初心者を含めてドライビングスキルに関係なく、サーキット走行を安心して楽しめる新しいレーシングモデルを提案する。

オレンジとブラックのカラーリングが目を引く車体は、ボンネット、フロントスポイラー、フェンダー、リアスポイラー、トランクリッドなどがカーボンファイバー製。さらにウィンドウガラスをポリカーボネート製に交換するなどして、合計で300kgに渡る軽量化を達成した。

足回りには、レース用サスペンション&ブレーキや、キャンバー調整式フロントアッパーアーム、スリックタイヤなどを装備。室内にはロールケージ、フルバケットシート、6点式シートベルト、消火器などが奢られ、カーペットや防音&制震材は取り払われた。

最大出力423ps、最大トルク51.5kgmを発生する直噴5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンに変更はない。トランスミッションも8速ATのまま。

レクサスは近い将来、このIS F CCS-Rを欧州のレーシングチームに貸与し、ドイツ・ニュルブルクリンクでの耐久レースに参戦してもらう計画。そのノウハウを反映させて、一般ユーザーへの販売を行う方針だ。

レクサス IS F CCS-R(東京オートサロン12) レクサス IS F CCS-R(東京オートサロン12)