群馬マイクロEV協会TT1トラック(オートモーティブワールド12)《撮影 森口将之》

オートモーティブワールドには、国や地方自治体単位での出展も多い。このうち群馬県のブースには6つの企業・団体が顔を揃え、「群馬マイクロEV協会」は会場奥の「電気自動車特別展示コーナー」に『TT1トラック』の実車を展示した。

開発に関わったシンクトゥギャザー代表取締役の宗村正弘氏は次のように述べた。「当協会ではこれまで、群馬大学次世代EV研究会で開発した汎用足回りEVユニット『ミニライトEVシステム』を用い、『TT1』と『μ-TT2』の2台のマイクロEVを生み出してきました。今回の展示車はこれに続くもので、従来どおり原付1種ミニカー規格に適合しつつ、30kgの積載能力を備えています」。

8輪駆動の低速電動バス『エミュー』も同時に展示した宗村氏は、今後の活動について、次のように語った。

「本格的に量産するとなるとやはりコストが重要になります。今後は100万円以下で販売できる車両を目指して、車体構造などを見直すつもりです。同時に出展した電動バスでの経験を生かせるかもしれないと考えています。来年のこのイベントまでには披露できるよう、開発を進めていきたいと思います」

群馬マイクロEV協会TT1トラック(オートモーティブワールド12)《撮影 森口将之》 群馬マイクロEV協会TT1トラック(オートモーティブワールド12)《撮影 森口将之》 群馬マイクロEV協会TT1トラック(オートモーティブワールド12)《撮影 森口将之》 群馬マイクロEV協会TT1トラック(オートモーティブワールド12)《撮影 森口将之》