昭和シェル石油の太陽光発電子会社のソーラーフロンティアは、米国EDFエネルジ・ヌーベルの子会社であるエネクスコと、カリフォルニア州に建設する太陽光発電所向けに最大で150MWp(メガワットピーク)のCIS薄膜太陽電池を供給する契約を締結した。

ソーラーフロンティアは、まず2011年の第4四半期にカリフォルニア州カーン郡のカタリーナ・ソーラープロジェクトに向けて26MWp分の太陽電池を供給した。この発電所が完成するとCI(G)S系太陽電池を搭載したものとしては世界最大、CI(G)S系以外を含めても世界最大級の太陽光発電所となる。

発電所は2段階に分けて建設する。第1段階である約60MWp分の設備は2012年末までに、残りの設備は2013年6月までに稼働する予定。同発電所で生産される電力は約3万5000世帯分の年間使用量に相当し、毎年約7万4000tの温室効果ガスの排出が削減される見通し。

エネクスコのソーラービジネス担当のクリスティーナ・ピーターソンヴァイスプレジデントは「ソーラーフロンティアと親会社の昭和シェル石油は、GW(ギガワット)規模の年産能力と高い発電性能という魅力をもっており、今回のような大規模太陽光発電プロジェクトにおけるニーズに十分応え得る能力がある」と判断、ソーラーフロンティアの太陽電池の採用を決めた。