日本精工は、過酷な環境下でも信頼性と摩擦損失の低減を両立した「高密封性ハブユニット軸受」を開発したと発表した。

未舗装路が多いなど、道路事情の悪い新興国をはじめとしたグローバル市場に製品の拡販を図り、2015年に売上30億円を目指す。

タイヤホイールに取り付ける部品と、車体へ取り付ける部品を一体化したハブユニット軸受は車輪の中心にあり、車体を支える重要な基幹部品であることから、高い信頼性が求められる。

今回、ゴムを加硫接着した非磁性体の金属キャップを新開発し、高い密封性による信頼性確保と低摩擦損失を両立させた高密封性ハブユニット軸受を開発した。

嵌合部にゴムを加硫接着した非磁性体金属キャップにより高い密封性を確保、従来比7倍の高密封性を実現。泥水、雪、砂などの異物の軸受内部への浸入を防止する。また、従来比20%アップした高磁力エンコーダを採用し、キャップを介した回転速度検出を可能とした。これにより磁気エンコーダと車輪速センサのクリアランス(すきま)増加に伴う磁力エンコーダの大型化を避け、軸受を小型化する。

さらに、車体外側のシールへ低フリクション技術を活用するとともに、車体内側へのキャップの採用により、密封性を向上させながら走行抵抗低減にも貢献する。