VIAモータースの3台のEV。ブースにはボブ・ラッツ氏も姿を見せた(デトロイトモーターショー12)

22日まで、米国ミシガン州で開催中のデトロイトモーターショー12。地元、米国のVIAモータースは、3台のエンジン併用型レンジエクステンダー(航続距離延長)EVを初公開した。

VIAモータースは、市販車をベースにEV改造を行うベンチャー企業。元GM副社長のボブ・ラッツ氏がアドバイザーとして参画していることでも知られる。

同社は今回、デトロイトモーターショーで一気に3台のレンジエクステンダーEV、「eREV」シリーズを初公開。大型ピックアップトラック、大型SUV、大型バンという3種類のEVである。

ベース車両は全てGMのシボレー車で、大型ピックアップトラックが『シルバラード』、大型SUVが『サバーバン』、大型バンが『エクスプレス』。システムは3車共通で、最大出力408psという強力なモーターを搭載。最大64kmをゼロエミッション走行できる。二次電池は蓄電容量24kWhのリチウムイオンバッテリーだ。

バッテリー残量が少なくなると、発電専用の4.3リットルV型6気筒ガソリンエンジンが始動。ジェネレーターを回してモーターに電力を供給するとともに、バッテリーを充電する。これにより、最大航続可能距離は640kmまで伸びるという仕組み。

同社は2012年、eREVシリーズのピックアップトラックを年間2万台レベルで生産する予定。そして、数年以内に、SUVとバンの生産もスタートさせる計画だ。

VIAモータースの3台のEV。ブースにはボブ・ラッツ氏も姿を見せた(デトロイトモーターショー12) VIAモータースの3台のEV。ブースにはボブ・ラッツ氏も姿を見せた(デトロイトモーターショー12) VIAモータースの3台のEV。ブースにはボブ・ラッツ氏も姿を見せた(デトロイトモーターショー12) VIAモータースの3台のEV。ブースにはボブ・ラッツ氏も姿を見せた(デトロイトモーターショー12)