島根県次世代自動車等研究会のコンバートEV≪撮影 小松哲也≫

島根県内の企業などが参加する島根県次世代自動車等技術研究会は18日、東京ビッグサイトで開幕したオートモーティブワールド12に軽商用車をベースに独自制作したコンバートEV(電気自動車)を出展している。

このコンバートEVは、スズキ『エブリイ』がベースで、エンジンとトランスミッションがあった前席下のスペースにモーターとリチウムイオン電池を搭載している。最大出力72馬力、走行距離は100kmという。

コンバートEVの制作に参加したアクティブの井上賢二代表取締役は「エンジンのあった場所に一番重たいバッテリーを置き、トランスミッションをやめてその部分にモーターを置いてドライブシャフトに直付けしたことで軽量化を図った」と話す。車体重量は約900kgで、三菱自動車の軽商用EV『ミニキャブMiEV』より「200kg軽い」としている。

島根県次世代自動車等技術研究会は2010年に発足、島根県内の機械加工、ソフトウエアメーカーなどの45企業と島根大学が会員となっている。今年度の活動としてコンバートEVを共同制作し、今回初出展となるオートモーティブワールド12に出展した。

島根県次世代自動車等研究会の展示ブース≪撮影 小松哲也≫