トヨタ アルファード ZXエディション(東京オートサロン12)

高級感とワルっぽさを併せ持つキャラクターが人気のトヨタの大型ミニバン『アルファード』。そのワルの部分をドレスアップで思い切りよく強調したことで注目を集めたのが、アクセサリーメーカーD.A.Dの「アルファード ZXエディション」だ。

自慢のポイントは同社製パーツをフルに架装したインテリア。シートは肉厚のブラックレザーカバーで覆われ、アメリカ製のスーパーリムジン風に。ダッシュボードまわりは木目調加飾パネルやヘヴィメタル風のシートで覆われ、乗降用の把手、ルームミラー、サンバイザー、シフトノブなど、細部に至るまでD.A.Dのアクセサリーで埋め尽くされている。

特徴は派手な装飾ばかりではない。前席サンバイザー、1列目および2列目ヘッドレスト後部には液晶ディスプレイが装備され、映画やミュージックプロモーションビデオなどの映像コンテンツを車内で楽しむこともできる。アウトロー的ゴージャス感を求めるユーザーにはたまらない演出だろう。

トヨタ アルファード ZXエディション(東京オートサロン12) トヨタ アルファード ZXエディション(東京オートサロン12) トヨタ アルファード ZXエディション(東京オートサロン12) トヨタ アルファード ZXエディション(東京オートサロン12) トヨタ アルファード ZXエディション(東京オートサロン12)