SUPER GT参戦車両、トヨタ・プリウスGT300(東京オートサロン)《撮影 池田忍》

富士スピードウェイは18日、2012年SUPER GTのレースカレンダーで、一部大会の日程変更を発表した。SUPER GT第6戦、同第7戦、JAF GPの日程を従来の日程から変更した。

変更は、12月7日付けでFIAから2012 FIA World Endurance Championship(WEC)の開催日程変更が発表されたのを受けたもの。

10月13日・14日に計画していたSUPER GT第7戦オートポリス大会が、WEC第7戦「6 Hours of FUJI」の開催日程と重複するため、SUPER GTオートポリス大会を2週間早める。関連して同オートポリス大会とのインターバルを確保するため、第6戦富士大会も1週間早める日程とした。

11月9〜11日に予定していたJAF GPは、ジャパンゴルフツアーで最大規模のトーナメントと重複するため、宿泊施設の確保など関係各方面から日程重複を避けるよう意見があったことをふまえ、JAF GPを1週間繰り延べることとした。

●SUPER GT第6戦:9月8〜9日(富士スピードウエイ)
●SUPER GT第7戦:9月29〜30日(オートポリス)
●JAF GP:11月16〜18日(富士スピードウエイ)

スバル BRZ GT300でSUPER GTに参戦する山野哲也選手と佐々木孝太選手《撮影 椿山和雄》 スバル BRZ SUPER GT300仕様(東京モーターショー11)《撮影 椿山和雄》 エヴァンゲリオンレーシングも引き続きSUPER GTに参戦する