キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

GMの高級車ブランド・キャデラックは、デトロイトモーターショーで小型セダン『ATS』を発表した。ドイツブランドがひしめきあう小型高級車セグメントに勝負を仕掛ける意欲的なモデルであると同時に、デザイン面でも新たなチャレンジが盛り込まれた。

キャデラックのデザインコンセプトは「アート&サイエンス」。これは理論的に破たんのないデザインと、感情にうったえかける情熱的なデザインの融合ととらえることができる。エッジの効いた直線と面で構成された、押し出しの強いエクステリアが最大の特徴だ。

ATSはキャデラックのエントリーモデルとしての役割を担うことになる。より若い層を取込むため、従来のコンセプトは踏襲しながらもより若々しさを表現したのだという。

ATSを含めキャデラックのデザインをまとめるクレイ・ディーン氏は、「アート&サイエンスは常に変わっていきます。フレッシュでその時代に合った形というものが必要となるのです。バーティカルな(垂直型の)前後ライトで伝統を表現しながらも、決してノスタルジックではありません。ATSでは、サイドシルエットはシンプルながら、押し出しを強く、車輪を強調した力強いデザインとしました」と語る。

キャデラックは昨年夏、米国西海岸で開催された「ペブルビーチコンクールデレガンス」でオープン4シーターコンセプト『シエル』を公開した。ディーン氏は「シエルはキャデラックの次世代を見据えたモデルで、美しさの表現に特化しました。いっぽうATSは、“nimble(機敏な)”をキーワードにダイナミックで、感情的な若々しさを表現したかったのです」とそれぞれのコンセプトの違いを説明する。

ボンネットにまで切り込んだヘッドライトは、最新の最上級モデル『XTS』のイメージを踏襲しながらもより攻撃的なものとなった。またフロントフェンダーから後端に向け跳ね上がるキャラクターラインは、タイヤハウスの存在を強調すると同時に力強く前進するイメージを抱かせる。

「ボディサイドにはドラマがあります。ボンネットのラインは仕立ての良いスーツです。ヘッドライトは昼でも夜でも存在感を示すでしょう。とにかく、他とは違うダイナミック感を表現しました。これこそアメリカンデザインであり、キャデラックのデザインなのです」と、ライバルとするドイツブランドとの違いをアピールした。

キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 キャデラックATS(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》