フルレストアされて披露された1952年式メルセデスベンツ300SL(デトロイトモーターショー12)

22日まで、米国ミシガン州で開催中のデトロイトモーターショー12。新型『SL』がワールドプレミアされたメルセデスベンツのブースでは、そのルーツが完璧にレストアされてお披露目された。

これは、SLのデビュー60周年を記念して展示された1台。現存するSLとしては最古の1952年式『300SL』(W194型)を、ドイツのメルセデスベンツクラシックセンターがフルレストア。その美しい姿をデトロイトモーターショーで披露したのだ。

この1952年式300SL、排気量2995ccの直列6気筒ガソリンエンジンを搭載。最大出力170psを引き出し、1060kgの軽量ボディを230km/hまで加速させた。レストアされたのは、そのシャシーナンバー「2」。ナンバー「1」は廃車となって存在せず、このナンバー2が最古のSLとなる。

初代300SLは1952年、ルマン24時間耐久レースを制し、ミッレミリアでは2位と4位に入賞。モータースポーツの世界に、栄光の歴史を刻んだ1台である。

フルレストアされて披露された1952年式メルセデスベンツ300SL(デトロイトモーターショー12) フルレストアされて披露された1952年式メルセデスベンツ300SL(デトロイトモーターショー12) フルレストアされて披露された1952年式メルセデスベンツ300SL(デトロイトモーターショー12) フルレストアされて披露された1952年式メルセデスベンツ300SL(デトロイトモーターショー12) フルレストアされて披露された1952年式メルセデスベンツ300SL(デトロイトモーターショー12) フルレストアされて披露された1952年式メルセデスベンツ300SL(デトロイトモーターショー12)