デモランを控えた日比野選手のトヨタ『86』《撮影 石田真一》

東京オートサロン12、幕張メッセの屋外展示スペースでは、恒例となったD1グランプリ(全日本プロドリフト選手権)デモラン「D1 GP Kick Off Drift」が行われていたが、これまでAE86『トレノ』で参戦していた日比野哲也選手(Team UPGARAGE with DROO-P)が、今期はトヨタ『86』で参戦することを表明。ニューマシンを披露した。

デモラン用に設定されたコースで「軽いドリフト」を観客の前で披露したが、マシンはまだほとんど手を入れていない状態。D1の車両レギュレーションで定められたロールバーの装着も現状ではなされていないという。

86については、今期からD1に復帰する谷口信輝選手(HKS)も使用することを表明している。こちらは屋外での展示に留まったが、日比野選手のマシンと同様、ほとんど手が入っていない状態で、車高もノーマルに近いものだった。

観客の前で初披露。《撮影 石田真一》 最初は軽く流す程度だったが…。《撮影 石田真一》 AE86との「追走デモ」では、軽いながらもドリフトへ。《撮影 石田真一》 まだノーマルに近いものの、日比野選手いわく「素性はいい」とのこと。《撮影 石田真一》 極めて短い時間であったが、走行している86を見るのが初めてという人も多く、盛り上がった。《撮影 石田真一》 日比野選手の86。運転席周りは内装の一部を剥がしたのみ。ロールバーは未装着。《撮影 石田真一》 こちらは谷口選手の86。《撮影 石田真一》 デモ走行はせず、据え置きでの展示。《撮影 石田真一》 こちらもロールバーは未装着。マフラーは交換されているが、エンジンはいじっていないという。《撮影 石田真一》