福西電機、旭精工などは、電気自動車(EV)用充電器の利用者をクレジットカードで個人認証して課金・徴収するシステム「パ・チャ・ポ」を共同開発した。

システムを開発したのは他にキョウリツエレクトロニクス、ショットツープレイ、ネオシステム、リンク・プロセシング。

システムでは、EV充電器を利用する場合、クレジットカードを使用して個人認証し、充電に利用した料金をクレジットカードで支払ってもらう。クレジットカードは、JCB、VISA、マスター、アメックス、ダイナーズが利用可能。

充電器の利用場所や利用時間などのデータは、ソフトバンクモバイルの3G回線を通してクレジット会社やソフトバンクテレコムのデータセンターに送信され、クラウドを使って管理する仕組み。EV充電器の利用料金は、設置者が自由に設定できる。

システムはクレジット認証装置1台で32台の充電コンセントを制御できる。充電予約や輪番充電も可能。

システムは1月18日から東京ビッグサイトで開催される「EV・HEV駆動システム技術展」に出展して注文を受け付ける。