国内自動車駆動用蓄電池市場予測(IDCジャパン)

IDCジャパンが発表した2011年上半期(1-6月)の国内自動車駆動用蓄電池市場は、前年同期比44.9%増の399億円となった。出荷容量は38.2%増加し648MWh(メガワット時)。

蓄電池の種類別では、ニッケル水素蓄電池が同14.3%減の220億円だった。対してリチウムイオン蓄電池は同849.4%増加し179億円となった。これまでの自動車駆動用蓄電池市場の成長を支えてきたニッケル水素蓄電池の需要が東日本大震災によるハイブリッド車の減産の影響を受けて減少した一方で、2010年末に発売された電気自動車の生産が本格化し、リチウムイオン蓄電池の需要を大きく引き上げた。全体として2011年上半期の市場は拡大したと見ている。

ベンダー別シェアではプライムアースEVエナジー(旧パナソニックEVエナジー)が市場シェアの高いハイブリッド車向けニッケル水素蓄電池の需要に支えられ首位を獲得した。2位はオートモーティブエナジーサプライ、3位はパナソニック(三洋電機を含む)だった。

2011年下半期の7-12月までの国内自動車駆動用蓄電池市場は、上半期に引き続きリチウムイオン蓄電池需要の拡大を反映して、同65.2%増の544億円、出荷容量ベースでは同53.1%増加して896MWhと予測する。

蓄電池の種類別では、ニッケル水素蓄電池が前期に引き続き震災の影響を受け同8.1%減の273億円、リチウムイオン蓄電池が同633.2%増の270億円と予測している。2011年通年では金額ベースで前年比54.6%増加し943億円、容量ベースで46.5%増の1544MWhを見込む。

2012年は自動車メーカー各社から新たな電気自動車とプラグインハイブリッド車の市場投入が予定されており、これらに採用されるリチウムイオン蓄電池が市場全体をけん引するのは確実。ハイブリッド車向けニッケル水素蓄電池の需要回復も見込まれる。

今後の国内自動車駆動用蓄電池市場は、リチウムイオン蓄電池の単価下落が金額ベースでの成長抑制要因となるが2010年〜2015年は年間平均成長率34.6%で成長し、2015年に2692億円に達すると予測している。