スバルBRZ(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

デトロイトモーターショーでスバルは、トヨタとの共同開発FRスポーツ『BRZ』を公開した。昨年末のロサンゼルスモーターショーでは「STIコンセプト」が公開されたが、市販仕様の公開は北米では今回が初となった。

BRZは200psのボクサーエンジンを搭載するFRスポーツ。基本的に日本仕様との違いはないが、左ハンドルとなっている点が新鮮に写る。北米でも日本と同様、今春販売を開始する。

今回のショーではトヨタ『86』の北米仕様にあたるサイオン『FT-S』も初公開となった。サイオンブースではFT-Sを全面に押し出し、若者を強く意識したブース展開としていただけあって、会場での注目度もFT-Sがやや優勢といったところ。

『インプレッサWRX』などで北米でもスポーツイメージの強いスバルが送り出すFRスポーツがどのように評価されるか。トヨタ対スバルのバトルは北米でも熱くなりそうだ。

スバルBRZ(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 スバルBRZ(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 サイオンFT-S(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 サイオンFT-S(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ドリフト仕様のサイオンFT-Sも登場(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》