中国上海市で行うEVの大規模実証実験プロジェクトに引き渡されたシボレーボルト

GMが2010年末、米国市場で発売したプラグインハイブリッド車(PHV)、シボレー『ボルト』。中国における同車の第1号車がこのほど、引き渡された。

これは上海市で行われたもの。上海市の嘉定区は「中国EV国際デモンストレーションゾーン」に指定されており、現地での大規模な実証実験開始に合わせて、ボルトが納車されたというわけだ。

GMはこのデモンストレーションにおいて、一般ユーザーにボルト試乗の機会を提供。走行性能や充電に関するデータを収集し、将来のEVやPHVの開発に役立てる方針。

GMチャイナのRay Bierzynskiエグゼクティブディレクターは、「このボルトが中国のユーザーのEVやPHVに対するニーズを探る最初のステップ」とコメントしている。