ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》

デトロイトモーターショーに強烈なインパクトを放つスーパーカーが登場した。その名はファルコン『F7』。ダッジ『バイパー』のカスタムキットなどを製作するファルコンモータースポーツが手掛けたオリジナルのスーパーカーで、620hpを叩き出すモンスターマシンだ。

ファルコン社は、2011年のデトロイトモーターショーで『F7コンセプト』を出展。今回、市販版としてF7を公開した。

シボレー『コルベット』に搭載されるGM製「LS7」V8エンジンをベースに620hpにチューニング、カーボンなど軽量素材を多用し2785ポンド(約1263kg)に抑えられた超軽量ボディのミッドシップに搭載する。

0-60マイル/h加速は3.3〜3.6秒、最高速は190〜200マイル/h(約305〜322km/h)と圧倒的なスペックを持つ。

スーパーカーらしいローアンドワイドなスタイルを持つボディは、ルーフの着脱が可能でオープンスポーツとして楽しむこともできる。

ファルコン社は、「フェラーリやランボルギーニの価格は20万ドルから60万ドル。しかしF7は最大25万ドル(約1730万円)で購入できる」とコストパフォーマンスの高さをアピールする。ハンドメイドによる生産で、年20台程度を販売する計画だという。

デトロイトモーターショーではブース面積こそ小さいものの、フェラーリやランボルギーニなどいわゆるスーパーカーメーカーが出展していないこともあってか、目立ち度は抜群。海外メディアでも「デトロイトで最も熱いクルマ」などと数多く取り上げられており、注目度は高いようだ。

ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》 ファルコン F7(デトロイトモーターショー12)《撮影 宮崎壮人》