今まさにコースインする、ローラT70《撮影 内田俊一》

15日、鈴鹿サーキットにおいて、4回目となるCoppa di SUZUKAが開催された。主催はCoppa di SUZUKA実行委員会。

昨年は、大雪の影響でサーキットがクローズされ、中止の憂き目にあったため、1年空いての開催となるCoppa di SUZUKAであるが、例年通り、30台近いエントリーがあり、45分間のサーキット走行を楽しんだ。

今回のエントリーの中で最大のトピックは『ローラT70』が走ったことだろう。1960年代後半のレースシーンにおいて、トヨタと日産の2大カーメーカーと、プライベーターのタキレーシングチームの強烈な優勝争いを表現した「TNT戦争」の真っただ中、1968年に開催された日本グランプリにタキレーシングがエントリーしたクルマそのものが、今回走ったローラT70なのである。

実際に鈴鹿サーキットでの走りは現役そのもので、ストレートを爆音で走り抜けるその姿に、他のエントラントや観客は魅了されていた。

ローラT70がストレートを駆け抜ける《撮影 内田俊一》 アルピーヌA210も参加《撮影 内田俊一》 レーシーに仕上げられたホンダS800《撮影 内田俊一》 アルファロメオジュリアGTAとポルシェ356のバトル《撮影 内田俊一》 ロータスエリートとポルシェ356《撮影 内田俊一》 日野コンテッサ1300クーペも参戦《撮影 内田俊一》 ランチアフルビア1300HF《撮影 内田俊一》 オースチンヒーレースプライト。《撮影 内田俊一》 スプリンタートレノ(TE27)《撮影 内田俊一》 ちょっと一息《撮影 内田俊一》 素晴らしいトレーラーで到着したポルシェ356《撮影 内田俊一》