NEEDBOXハイエース(東京オートサロン12)《撮影 佐藤隆博》

NEEDSBOXはトヨタ『ハイエースSロングハイルーフDX GL-P4WD』をベース車両にした自転車用トランポを東京オートサロン12に展示した。

この自動車は自転車メーカー・スペシャライズドから依頼されて製作された車両。内部には同社のプロ用ロードレーサー「S-WORKS」がズラリと並んでいた。

ハイエースはスペシャライズドのイメージカラー赤白に塗られたボディだけでなく、内装もこだわっている。スペシャライズドのフラッグシップモデル『VENGE』や『TARMAC』の車体だけでなく、壁面にヘルメットやシューズ、床下にテントなどがキレイに格納されており、とても使いやすそうなトランポだ。担当者によると、今日は展示用なので7台しか格納していないが、バイクイベントなどで実際に使用するときは30台近くまで入るそうだ。

ちなみに、VENGEの価格は98〜110万円で、TARMACの価格は85〜98万円。トランポの価格よりも運んでいるバイクの総額のほうがよっぽど高価で、自転車ファンの来場者から注目を集めていた。

NEEDBOXハイエース(東京オートサロン12)《撮影 佐藤隆博》 NEEDBOXハイエース(東京オートサロン12)《撮影 佐藤隆博》 NEEDBOXハイエース(東京オートサロン12)《撮影 佐藤隆博》 NEEDBOXハイエース(東京オートサロン12)《撮影 佐藤隆博》