HKS S-style VELLFIRE(東京オートサロン12)《撮影 井元康一郎》

東京オートサロン12、大手チューニング部品メーカー・HKSブースの一角に置かれているブラックカラーのトヨタ『ヴェルファイア』。

大幅にローダウンされたサスペンション、フェンダーとツライチのロープロファイルタイヤ、ボンネットやボディ側面のテキスチャ塗装、シャープなデザインのエアロパーツなどが迫力をかもし出す。

このHKS『S-style VELLFIRE』のテーマは「スタイリッシュでありながら走れるユーロスポーツなミニバン」(HKS関係者)。

サスペンションは極限までローダウンさせることを目指した車高調整式のHKS製「HIPER MAX S-style X」、焼けたステンレスのようなデザインのマフラーは同「スーパーサウンドマスター」。見た目のカッコ良さばかりでなく、操縦安定性の高さも自慢のポイントだという。

HKS S-style VELLFIRE。ボンネットには塗装ロゴが(東京オートサロン12)《撮影 井元康一郎》 HKS S-style VELLFIRE。HKS「スーパーサウンドマスター」をセットアップ(東京オートサロン12)《撮影 井元康一郎》 HKS S-style VELLFIRE。フェンダーを見るとストリート用としてはかなり大胆なローダウンぶりがわかる(東京オートサロン12)《撮影 井元康一郎》