レーシング・スポーツ・スタイル(東京オートサロン12)《撮影 内田俊一》

ゼネラルモーターズ・ジャパンは東京オートサロン12に、シボレー『ソニック』3台を出品した。

今回ソニックをフィーチャーした理由について、同社コミュニケーションズ広報スペシャリストの岸敏弘さんは、もともとアメリカには、カスタマイズするという文化があることと、「軽自動車を購入し、本体の価格と同じくらいの金額でカスタマイズを楽しんでいるユーザーが日本では多い」ことから、「そういった若い(軽自動車などの)ユーザーに、アメリカのクルマを楽しんでもらうためには、ソニックは良いのではないかと考えました」という。

また、岸さんは、「アメリカの自動車会社だからこそできる、クルマを楽しむという文化を日本に伝えていきたいのです」と話す。それは、「楽しんで乗ってもらう、仲間同士で乗ってもらう、若い人たちが使えるお金の範囲でできるような楽しみ方です。Cool(かっこいい)、Fun(楽しい)、フリーダム(自由の国アメリカ)、その(シボレーのブランドコンセプトである)イメージを日本にも定着させたい」といい、それがカスタマイズのきっかけになればと語った。

今回の展示車両は、30万円強の純正オプション装着モデルをはじめ、昨年ラスベガスで開催されたSAMAショーに展示されたモデルのアレンジした「レーシング・スポーツ・スタイル」、そして、JBL8スピーカーを装着した「アーバン・スタイル」だ。

レーシング・スポーツ・スタイル(東京オートサロン12)《撮影 内田俊一》 アーバン・スタイル(東京オートサロン12)《撮影 内田俊一》 純正オプション装着モデル(東京オートサロン12)《撮影 内田俊一》 シボレー(東京オートサロン12)《撮影 野口岳彦》 シボレー・コンパニオン(東京オートサロン12)《撮影 池田忍》