ユーシンが発表した2011年11月期の連結決算は、営業利益が前年同期比34.3%減の38億1700万円と大幅減益となった。

売上高は同6.5%減の584億1000万円と減収となった。東日本大震災による自動車生産の減産で売上が急落、海外にも影響が及んだ。タイで発生した洪水も影響した。

収益では自動車部門減収が響いて経常利益は同46.3%減の30億2500万円と大幅減益だった。当期純利益も同43.8%減の16億4100万円だった。

今期の通期業績見通しは、自動車生産の回復に伴って売上げも増加することから、売上高が同9.6%増の640億円、営業利益が同2.2%増の39億円、経常利益が同19.0%増の36億円、当期純利益が同21.8%増の20億円となる見通し。