アバルト500CエッセエッセKONI仕様《撮影 内田俊一》

フィアットグループオートモービルズジャパンは、東京オートサロン12において、新たなマーケティング活動の概要を発表した。

同社代表取締役社長兼CEOポンタスヘグストロム氏は、「2012年、アバルトではニューモデルの導入とともに、マーケティング活動を充実させていきたいと考えています」という。

まずは、3月に行われるフェラーリパッションデイズのメインスポンサーをアバルトが務めること。そして、ドライビングスクールが導入されることが発表された。「これらのマーケティングイベント、また、それ以外のイベントを通して、我々はユーザーとのつながりをさらに深め、アバルトコミュニティの拡大を目指していきたい」という。

マーケティング本部プロダクト・マネージャーの海谷博樹さんは、このドライビングスクールの詳細について、「名称は“アバルトドライビングファンスクール”です。本年は全国3か所、年5回の開催を予定しており、オーナーのロイヤリティ向上と、ファン層の拡大を目指します」とした。

概要は以下の通り。開催時期は2月:鈴鹿サーキット、4月:富士スピードウェイ、8、9、10月(もしくは11月):オートポリス。参加者はアバルトオーナーおよび、ファンを対象とし、各80名を予定。インストラクターは関谷正徳氏(メインインストラクター)をはじめ、福山英郎氏、飯田章氏、高木虎之介氏が予定されている。

メインインストラクターの関谷正徳氏は、「ドライビングスクールをやるうえではフィアットの良さを導き出せるようなスクールにしていきたいと思うので、ぜひ参加してほしい」と語った。

アバルトプントスーパースポーツ《撮影 内田俊一》 アバルトブース(東京オートサロン12)《撮影 内田俊一》 アバルトブース(東京オートサロン12)《撮影 内田俊一》 アバルトブース(東京オートサロン12)《撮影 内田俊一》 関谷政徳氏(左)とフィアットグループオートモービルズジャパン代表取締役社長兼CEOポンタスヘグストロム氏(右)《撮影 内田俊一》