鈴鹿サーキットクイーン第34期生。左から近澤志穂、中島彩乃、鬼頭果住、橘奈緒、元井麻有。

2012年に開場50周年を迎える鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)は、節目となる年に華を添える存在として、新しい鈴鹿サーキットクイーン(34期生)を決定するため、1月14日に選考会を開催、34期生5人が決定した。

2012年は、今回の選考で決定した34期生5人と、昨年選ばれた33期生の5人をあわせた、計10人の鈴鹿サーキットクイーンが活動する。

鈴鹿サーキットクイーンは、3月3〜4日に開催される『鈴鹿サーキット開場50周年ファン感謝デー』を皮切りに、鈴鹿サーキットで開催されるレースイベントにおいて、勝者を祝福する“幸運の女神”としての役割を担う。

さらにゆうえんちモートピア、リゾートエリアで開催されるイベントや、様々なメディアへの出演・ガイド役として、幅広く活動していく。

なお今回の応募総数は100人だった。

鈴鹿サーキットクイーン第34期生(順不同)
●元井麻有(もとい・まゆ)大阪府
●橘奈緒(たちばな・なお)京都府
●鬼頭果住(きとう・かすみ)愛知県
●近澤志穂(ちがざわ・しほ)三重県
●中島彩乃(なかしま・あやの)愛知県