「東京オートサロン2012 with NAPAC」のレイズブース《撮影 石田真一》

レイズは「東京オートサロン2012 with NAPAC」の同社ブースに、鋳造ホイール『gramLIGHTS(グラムライツ) 57Xtreme』など、秋から冬に掛けて発表した新製品を多数出品している。

57Xtremeは、ホイールサイズによって異なるフェイスデザインを与える「マルチ・ディファレントデザイン」を採用。スポークサイドを削ることで軽量化を図っているが、これを段違いに配置することで、剛性を犠牲していないという。

また、定番の鍛造ホイール『TE37』は、思い切った軽量化を実現した『TE37C1』を参考出品している。直近で発売されるモデルではないが、レイズの持つ技術力を結集させたモデル。

また、空気抵抗を低減させるデザインを採用したハイブリッド・EV向けのエコ型ホイール『アクロス』も出品。横に展示されている『プリウス』はGT参戦を予定した車両となっている。

鍛造ホイールの『gramLIGHTS(グラムライツ) 57Xtreme』はオートサロン直前のタイミングで発表された(東京オートサロン12)《撮影 石田真一》 スポークサイドを削ることで軽量化を図っている(東京オートサロン12)《撮影 石田真一》 参考出品の『TE37C1』、発売時期は未定(東京オートサロン12)《撮影 石田真一》 これも削れるところは削って軽くしているが、剛性は失われていない(東京オートサロン12)《撮影 石田真一》 エコカー用の『アクロス』(東京オートサロン12)《撮影 石田真一》 空気抵抗を低減させるデザイン(東京オートサロン12)《撮影 石田真一》 トヨタ・プリウスのGTマシン(東京オートサロン12)《撮影 石田真一》 ブース内には各種ホイールが多数展示されている(東京オートサロン12)《撮影 石田真一》 「日本製」にこだわっていることがレイズの誇り(東京オートサロン12)《撮影 石田真一》