日産 GT-R のGT3レーサー、ドバイ24時間にスタンバイ完了

13-14日、中東で開催される2012ドバイ24時間耐久レース。同レースに、日産『GT-R』のレーシングカーが参戦する。

このGT-Rレーサーは、日産自動車とNISMO(ニスモ)が共同開発したニューマシン、『GT-R NISMO GT3』。3.8リットルV型6気筒ツインターボエンジンは、GT3レギュレーションに基づき、最大出力500ps/6400rpm、最大トルク66.3kgm/4000rpmを発生。トランスミッションは6速シーケンシャルだ。

フロントの大型リップスポイラー、リアの大型ウイングなど、専用エアロパーツを装備。ブレーキやサスペンションは強化されており、室内にはロールケージが組み込まれる。車両重量は1300kg。

このGT-R NISMO GT3を、英国人の2選手、ドイツとフランスの各1選手の合計4名のドライバーが乗りこなす。カーナンバー32の活躍に注目だ。