WRX STI グループR4を駆る新井敏弘選手《撮影 椿山和雄》

富士重工業とSTI(スバルテクニカインターナショナル)は13日、幕張メッセで開幕した東京オートサロン会場にて2012年モータースポーツ活動の概要を発表。2012年もPWRCに参戦するスバルカスタマーなど、ラリー活動の支援を行う。

スバルは、2011年に引き続きIRC(インターコンチネンタルラリーチャレンジ)に2012年もマニュファクチャラー登録する。これにより、IRCにチャレンジするスバルカスタマーのポイント獲得が可能となるもので、2010年から登録を継続している。

同カテゴリーは、WRX STI グループR4を駆る新井敏弘選手が2011年のプロダクションカップタイトルを獲得し、2012年は連覇を目指している。2012年は、新井選手の他、ヤルコ・ニッカラ選手、アンドレアス・アイグナー選手の活動支援を行う。

また、2011年に引き続き、FIAプロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)に参戦するスバルカスタマーへの活動支援として、「SUBARUチャレンジアワード」を設定。各イベント及び、シーズンで上位3位までを表彰する。

2011年はスバルカスタマーがPWRC年間1位、2位を獲得するなど、スバルチャレンジアワードの効果があったといい、2012年はさらにカスタマーの拡大を図るため、アワード総額を約20%増額するとしている。

WRX STI グループR4を駆る新井敏弘選手が2011年のプロダクションカップタイトルを獲得《撮影 椿山和雄》 新井敏弘選手《撮影 椿山和雄》 STIの唐松洋之代表取締役社長《撮影 椿山和雄》 東京オートサロンで、スバル 2012年モータースポーツ活動の概要発表会が行われた。《撮影 椿山和雄》