ブリヂストン。車はKTM(東京オートサロン12)《撮影 雪岡直樹》

ブリヂストンは、従来のカラータイヤ技術とは異なる全く新しいタイヤ印刷技術の開発に成功したと発表した。

従来、タイヤサイド部に白いゴムを採用したホワイトリボンタイヤやホワイトレタータイヤがあった。変色を防ぎ、耐久性を確保するために多くの白いゴムを採用することになるため、タイヤ質量が増え、結果的に燃費が悪くなるデメリットがあった。

また、ただ単にタイヤにデザインを印刷したり、色づけしてもゴムの伸縮やゴムの劣化防止のための薬品の影響で変色するなど、耐久性を確保できなかった。

同社が今回開発したタイヤ印刷技術は、変色防止層の上に新規開発インクと保護層を印刷する、タイヤ質量が増えること無く、従来性能を維持しながらタイヤをドレスアップする技術。

将来的には顧客自身がデザインしたオリジナルデザインや写真などをタイヤサイド部に印刷し、不要になった場合はデザインを落として、新たに印刷を施す新しいビジネスモデルの展開も検討している。

今後、実地評価を進め、市場性のある技術へと完成度を高めた上で、全く新しい車のドレスアップ手法として3〜4年後の早期実用化を目指す。

この新しいタイヤ印刷技術を採用したタイヤは東京オートサロン2012に出展している。

ブリヂストン。車はKTM(東京オートサロン12)《撮影 高木啓》 ブリヂストンのタイヤ印刷技術(東京オートサロン12)《撮影 雪岡直樹》 ブリヂストンのタイヤ印刷技術 ブリヂストンのタイヤ印刷技術 ブリヂストンのタイヤ印刷技術